エンジンオイルの新基準 乗るほどに楽しさを感じる走り
エンジンオイル屋 http://www.paraffin-oil.com/全国送料一律 650円 10,500円以上 送料無料代金引換|郵便振込|銀行振込
エンジンオイル屋 > エンジン始動時に摩耗は起きる
エンジン始動時に摩耗は起きる

エンジンオイル不調の原因に摩耗があります
この摩耗の多くは エンジンスターと時に起きています

は劣化すると真っ黒になていきます
その理由は排気ガスがエンジンオイルに混ざってしまうからなのですが
理由はそれだけではありません

81.3%がエンジン始動時に磨耗しする

エンジンをかけるとエンジンオイルがエンジン内部に行き渡り、各部を潤滑しています。
しかし、エンジンを止めるとエンジンオイルはすべてエンジンの下に落ちていきます。

通常は流体潤滑の状態にありますが、エンジンが止まっているときは、
エンジンオイルはエンジンの下に溜まっています。
つまり、大事な部分にはオイルはほんの少量だけ分子レベルで金属面に残っているだけなのです。

特にピストンリングの部分は境界潤滑でオイルが残りにくい部分です。

次エンジンを始動するときが危険な状態にあるのです。
エンジンを始動するときはオイルの無い状態でエンジンを始動することになります。

そう!オイルが無い状態でエンジンを始動すると金属面が直接擦れ合い、
激しく磨り減って場合によっては焼きつきも考えられます。

実際にこの焼きつきは起きています。
特に1年以上エンジンを始動していないものは起きやすいですよ。

年式が古くても、走行距離が少ないものは程度がいいと考えられがちですが、
オイル交換をきちんと管理された、10万キロの車より、
オイル管理をされていない5万キロの車は5万キロの車の方がエンジンが傷んでいることが多いのです。

中古エンジンに積み替える際、走行距離の少ないエンジンを選んで積み替えますが、1年も2年もエンジンを始動せずに放置してるエンジンは避けたほうが無難です。特にバイクはオイル管理が重要で、わずか20000キロ程度でエンジンからガシャガシャと大きな音を出すことが多いのです。

このコールドスタート時の摩耗を防ぐことができる添加剤があります

前へ | 次へ

 


お気軽にお電話ください!0120-388-016 受付時間/AM9:00〜PM18:00(土日祝除く) フォームから メールから エンジンオイル屋 6つの安心宣言 1.便利なお支払方法 2.100%返金保証 3.代引手数料無料4.新鮮直輸入 5.翌日出荷可能! 6.セキュリティ万全
エンジンオイルの特長
エンジンオイル屋ショッピングガイド