エンジンオイルの新基準 乗るほどに楽しさを感じる走り
エンジンオイル屋 http://www.paraffin-oil.com/全国送料一律 650円 10,500円以上 送料無料代金引換|郵便振込|銀行振込
エンジンオイル屋 > オイル選びの 問題点 > 第一章 摩耗を防ぐには > 第二章 耐熱温度は何度必要なのか?
耐熱性は何度必要なのか?

耐熱性は何度必要なのか?

化学合成オイルの耐熱性は非常に高いと言うことが有名です
果たしてそんなに耐熱性って必要ななのでしょうか?

最初にハッキリといいます。
耐熱性は、高ければ良いというのものでは絶対にありません。

エンジニアの目線からは、エンジンはまず冷却しなければいけません。
その冷却がうまく機能していれば、耐熱などというものは必要ないのです。
スーパーGTで戦ってきた。エンジニア 嶋田氏はこう言います。

「油温85度で設定をするのです」金属の膨張は油温85度がマックスで
それ以上は性能が発揮できなくなる。

スーパーGTの油温も「85度」一般の方がサーキットなどで走ると
すぐに油温が120度とうのは壊そうとしているのと同じ。

まずは、「水温」を下げること。その為の「対策」を講じることといいます。
水温を下げれば、自然と油温も下がる。油温だけを下げようとしている人が非常に多い。

耐熱温度が180度という合成オイル。
そんな耐熱など無意味だと言い切る嶋田氏。
メーカーの売るための戦略にはまっているのだと・・・

メーカーは開発した商品を売らなければいけません。
そこでキャッチコピーとして耐熱などが使われる訳です。
実際にはエンジンに必要な基本要素は潤滑と冷却です。

第一章 摩耗を防ぐには

第二章 耐熱温度は何度必要なのか?

第三章 エンジンオイルの性能を左右する「添加剤技術」




お気軽にお電話ください!0120-388-016 受付時間/AM9:00〜PM18:00(土日祝除く) フォームから メールから エンジンオイル屋 6つの安心宣言 1.便利なお支払方法 2.100%返金保証 3.代引手数料無料4.新鮮直輸入 5.翌日出荷可能! 6.セキュリティ万全
エンジンオイルの特長
エンジンオイル屋ショッピングガイド