エンジンオイルの新基準 乗るほどに楽しさを感じる走り

エンジンオイル屋 http://www.paraffin-oil.com/全国送料一律 650円 10,500円以上 送料無料代金引換|郵便振込|銀行振込
エンジンオイル屋 > 野中友和ケンドールを語る
野中友和ケンドールを語る
対談1対談2対談3対談4対談5
スポンサーが付いているにもかかわらず、何故ケンドールを使ってみようと思ったのですか?

野中:とにかくオイルの耐久性が無い。エンジン特性に合わない。油温が冬場でも下がらない
ツイスティーなコースだと、1速2速、2速1速って走ってると、5W-50でもどんどん油温があがって 油温が120度なんてすぐに上がっちゃうんです。 走り込んで、休憩し”さー乗るぞ”ってっていっても、油温が全然下がってないんですよ。
それも真冬なわけですよ。

店長:真冬で??(笑)
野中:真冬で凍結するかしないかってところをテストするわけですよ。 それなのに、休憩しても油温が110度って10度しか下がってない。 これどういう事よって。。。

エンジン切らないと下がらないですよって※1メカニックが。。。 今までのオイルは、※2エンジニアにエンジン組んでもらって練習に行き、乗ってって帰る時に すでにエンジンの音が違ってきます。まったくエンジンを保護してくれていないのが わかるんですよ。そこから数回練習で走ると、エンジンがヘタってしまいます。 これの繰り返しだったんです。 とにかくひどい。。。 油温が110度だ120度って言うのは、絶対エンジンに良くない。 サーキット走っている車で120度なんて上がっちゃったら、これはえらいこっちゃてな 話なわけですよ。

店長:ハハハ(笑)なるほどね〜

野中:※2エンジニアさんは、そうなる原因を探したくなる。

店長:そりゃそうですよね

野中:例えば油温があがってしまって、エンジンは壊れなかったとしても 最後には勝負にならないエンジンになちゃってる。 オイルに耐久性が全くない。

それに、エンジンのオーバーホールのサイクルが、余りにも早すぎたんですよね。 エンジンを開けてみたときに、メタルの部分に線傷がいっぱい入ってるのは、やっぱりまずい訳ですよ。
たかだか1万5千kmしか走ってない訳ですよ。余りにもひどいし 同じワークスでも予算が違うからオーバーホールにもお金はかけられない。
1戦毎のオーバーホールで100万とか200万とかポーンと飛んでいく訳で だから本当に信頼した物でしか使えない。

一か八かとか、オイルをサポートして貰っているから使えるとかの問題じゃない。 リタイヤすれば、成績は悪くなり、ワークスドライバーのシートももらえないんです。
そりゃ怖くて使えないエンジンオイルってそれぐらい大事な物です。
それでエンジンオイルについて勉強してみようってのが、僕の最初のきっかけだったんですよ。
最初は、その辺の添加剤を入れてみたり、これが全然ダメ(強調)だったんですね。

フッ素系樹脂の添加剤も日本仕様と平行輸入ものとあるんですけど、 これがどちらも水平対向エンジンには合わないんです。
ご存じと思いますが、ボクサーエンジンって、左右にピストンが動きますから ピストンリングの上面と下面があきらかに削れ方が違うんですよ。 今時、平成に入った時代のエンジンでも、こ〜〜んなに削れちゃうんだって、 言ってたのが2006年2007年だったんです
昔、エンジンオイルってどこのメーカーもパラフィン油を使ってたんだって 「え〜〜〜〜!」って知ったのをきっかけに でもパラフィン油って売ってないんだよな?てところで
そんなに良いんだったら、どこかあるはずと思って行き着いたところが
エンジンオイル屋だったんですよ。




お気軽にお電話ください!0120-388-016 受付時間/AM9:00〜PM18:00(土日祝除く) フォームから メールから エンジンオイル屋 6つの安心宣言 1.便利なお支払方法 2.100%返金保証 3.代引手数料無料4.新鮮直輸入 5.翌日出荷可能! 6.セキュリティ万全

エンジンオイル屋ショッピングガイド