エンジンオイルの新基準 乗るほどに楽しさを感じる走り
エンジンオイル屋 http://www.paraffin-oil.com/全国送料一律 650円 10,500円以上 送料無料代金引換|郵便振込|銀行振込
長持ちを可能にする添加剤MFA

添加剤の配合特許"MFA"とは・・・
MFAとはMulti-Functional Additive 略称

エンジンオイルに求められる優れた耐摩耗性・酸化安定性・高温時のスラッジコントロール。
これらの3点の性能を特に強化する働きがあります。


最先端の特許技術であり、Kendall GT-1/SUPER-D XAシリーズの最大の特徴でもあります。


★ 交換の目安は20,000km毎または、1年毎。
他に類を見ない驚きのロングドレイ ン!!
バイクは10,000km毎または、1年

Kendall独自の添加剤配合特許技術MFAにより従来のオイルを上回る高温酸化安定性や耐摩耗性を発揮。

従来のオイルでは清浄分散性が非常に悪く
オイル管理を少しでも怠ると 真っ黒になって エンジンにスラッジがたまってしまっていました
最悪の場合 スラッジは オイルの通路をふさいでしまい焼き付きの原因にもなっています

 

他社製品との比較

エンジンオイルの清浄性能比較左からB社化学合成オイル使用距離4000キロそろそろ限界です見えにくいですが、黒い部分と、その周りににじみが見えますでしょうか?黒い部分はシマシマの花びらの様な模様が入っています。汚れが、分散できず、紙の繊維にひっかかるために起きます。
左から2番目H社鉱物油使用距離3000キロ限界です黒い部分と、その周りにもうひとつシミの輪ができているのがわかりますか?もう限界です。エンジンオイルに清浄分散性能がなくなった事を意味します。
左から3番目C社鉱物油使用距離15000キロ限界超えて使用不可
汚れの輪が3重になっているのがわかりますか?限界を完全に超えて、使用不可能になっています。もちろん、このエンジンは焼きついていいます。

左から5番目ケンドルGT−1走行5000キロ跡形もなくきれいに分散しています。エンジンオイルをひんぱんに変えていたバイクでした。ケンドルGT−1を入れて、5000キロ走っているにもかかわらず、ほとんど汚れが付きませんでした。

※ この様にエンジンオイルが汚れにくくなる為、2万キロ交換不要となるのです!

 

エンジンオイルが黒くなったら交換と言うのは目安です
これは従来のオイルに配合される添加剤 清浄分散剤の技術がそうさせていたのです

”すぐに黒くなるオイルはいいオイル”って聞いたことありませんか?
入れて間もないのに 黒くなってしまったことありませんか?
オイルは排気ガスが混ざって黒くなっていると思ってませんか?

に配合されている清浄分散剤は各メーカーの添加剤技術により違います
オイルの汚れるにはいくつかの理由があります

カーボンの発生を防ぐ

ガソリンを燃焼させるとカーボン(燃えかす)が発生します
そのカーボンはピストンなどにこびりつき 最悪の場合ピストンリングの動きを悪くして

煙はきや焼き付きの原因にもなっています

そのカーボンはガソリンが燃えてできていると思っているのですが 

実はこのカーボンは オイルが燃焼してできたものです

メカニックであればすぐにわかることですが
煙はきなどのトラブルを抱えたエンジンを分解すると

ピストンにはカーボンがびっしりと付いていて
オイル交換をしなかったエンジンだけが 
そのようになってしまうのです

汚れたオイルが燃焼すると
大量のカーボンを発生させ

またスラッジも大量に出来るようになってきます
このカーボンやスラッジを抑制するのが ケンドールのMFAなのです

 

エンジンオイル屋ショッピングガイド